ホーム > 会社案内 > 中北の取り組み

中北の取り組み

営業活動計画

営業活動計画イメージ  社は1930(昭和5)年の創業以来、技術志向を経営の根幹とし、自動弁の開発を出発点として、船舶の自動化、省力化の要求に応えた荷役、バラストの遠隔操作を可能にするバタフライ弁や遠隔操作装置の開発にも多くのノウハウと技術を培ってきました。この結果、当社製品の品質・性能に対し多くの皆様から信頼と安心を頂戴し、舶用は勿論、原子力発電、火力発電、ガスタービン発電、製鉄、化学等産業界のあらゆる分野でご使用いただける製品を提供してきました。

 

  当社の主要な受注先であります造船業界におきましては、新造船市況の冷え込みにより、受注環境は厳しく、価格競争も激しさを増していますが、弊社の得意とする大型船向け弁、遠隔操作装置の受注を促進すべく営業活動を展開してまいります。

   また陸上関連におきましても、ガスタービン発電プラントを始めとした新規発電プラント等へのバルブや既存プラントでご利用いただいております製品の修理やメンテナンス関連の受注獲得にも注力してまいります。

 


ページトップへ戻る