舶用エンジン主機 (温度指示調節計・自動調節弁)

主機清水冷却装置(Main Cooling Fresh Water System)

3 ロータリータイプ三方口調節弁(3-Way Rotary Type Control Valve)

主に大型ディーゼルエンジンや減速機に供給される冷却水及び潤滑油管系の温度調節用として使用されています。
流体の流れ方向により混流型(二方向から一方向に)と分流型(一方向から二方向に)といずれにも使用できますが、本例は混流型です。
弁体の回転で流路を可変するロータリータイプの三方口で大容量、大口径に最適です。

5 ポジショナ(Positioner)

ダイヤフラム又はシリンダアクチュエータに取付けられて調節弁の動作特性を改善するために用います。入力信号の空気圧にバランスする弁開度が得られるまで弁ステムの動きを妨げるグランドパッキンの摩擦抵抗や弁の不平衡力に打ち勝って調節弁を駆動させます。

舶用エンジン主機 温度指示調節計・自動調節弁
舶用エンジン主機・温度指示調節計・自動調節弁トップに戻る
燃料油加熱装置(Fuel Oil Heating)
主機潤滑油冷却装置(Main Cooling Lubricating Oil System)
ページトップへ戻る