会社を知る VOICE 社員の声

経営企画本部 研究開発室

同志社大学院 応用化学専攻 卒業
2016年 入社

自分が携わった製品が、世の中に出て行く喜びを感じています。

現在担当している仕事内容を教えてください。

新製品開発における、構造決定のための流体解析業務をメインで行っています。具体的には、バルブ等の製品内の流体の挙動をシミュレーションし、流れが製品に対してどのような影響を及ぼすか、必要な流量が確保できるのか等を検討しています。他には、開発試作品の実験に必要な設備の考案・手配や実際に実験を行ない、そのデータをまとめる等、幅広い業務があります。

仕事のやりがいやこだわりは何ですか?

自分が解析し、検討してきた開発品が、実際に世の中に出て行く時にやりがいを感じます。仕事のこだわりは、わからないことや疑問に思ったことをそのままにせず、調べたり聞いたりしながら自分のものにしていくということです。特に社内に蓄積された技術に関する知識を深めていくことは、新しい開発品への応用や新たなコア技術の更なる蓄積につながる重要なものであると考えています。

入社の動機・決め手は何ですか?

私の所属していた研究室の先輩が中北製作所に勤めており、紹介して頂いたのが中北製作所を知るきっかけでした。その際に、自分が好きな流体力学を活かせる仕事ができそうだと感じたことに加え、バルブによる流体制御は工業プロセスにおいて非常に重要な場面で用いられることが多く、そのような製品を造る仕事に就きたいと思いました。また、インターンシップで実際の設計業務を体験した際に、社員の方々に非常に丁寧に教えて頂き、社内の雰囲気も良さそうだと感じたことも入社の決め手になりました。

あなたから見た中北製作所の魅力はどんなところですか?

バルブによる流体制御は、工業的に重要な役割を担っており、中北製作所のバルブは大型船・火力発電所・原子力発電所等様々な場所で用いられています。バルブ自体は決して目立つものではありませんが、私たちの生活の様々な場面で必要とされることが多く、そのような製品を造る仕事に携われることが大きな魅力の一つだと思います。また、非常に丁寧に指導してくださる先輩方が多く、わからないことを聞きやすい環境が整っています。

今後の目標・抱負を教えてください。

1つは流体力学・解析についての知識や知見を深め、社内の人たちに頼られる存在になることです。もう1つは、自分が最初から携わった開発品をもっとたくさん世の中に出していくことですね。

1日の仕事の流れ

8:15
メールチェック
9:00
前日に解析実行した結果の確認・データまとめ
10:00
解析結果の考察・データ提出
11:00
開発室 全体ミーティング
12:00
昼休憩
13:00
実験準備
14:00
実験
16:00
実験データまとめ
17:00
解析用3Dモデル作成
18:00
解析条件入力・解析実行
19:00
帰宅

就職活動中の学生さんへのメッセージ

世の中には多くの会社があり、皆さんが会社に求めるものは一人ひとり違うとは思いますが、あまり最初から自分の就職したい会社を絞り込みすぎず、幅広く見ていくことが大切だと思います。そうすることで就職活動前には思ってもいなかった「自分のやりたいこと」が見つかったり、自分のやりたいことが実現できる「意外な会社」が見つかると思います。大変だとは思いますが、自分が納得できるまでしっかり時間をかけて頑張ってください。

※掲載内容は2017年2月時点の情報となります。

会社を知る VOICE 社員の声